便利な調理器具


フードプロセッサー

フードプロセッサーは毎日の献立作りに大変便利なアイテムです。フードプロセッサーは刃をモーターで回転させることで食材を切り刻む調理器具です。デパートの実演コーナーやTVの通販番組などで野菜やお肉などを見事にあっという間に細かくする場面を目にしたことが1回はあると思います。今ではまぜる、きざむ、おろす、という基本的な機能に加え、スライスする、ホイップするという機能を持ち合わせたものも人気があります。


家庭に普及するにつれ、より性能がいい、機能性が高い、使いやすいなど、フードプロセッサーの性能もアップしています。フードプロセッサーはクイジナート、アムウェイ、テスコム、ナショナルなどのメーカー品の人気が高いですね。価格も1万以下から高性能なものは数万したり、その性能や価格によって自分の使いやすいものを選ぶことが出来ます。自分用だけでなく、家族のために購入したり結婚のお祝いに贈る人も多いようです。


ではフードプロセッサーで何が出来るのでしょう。切れ味に優れているので野菜のみじん切りや小魚ふりかけもすぐ作れます。面倒な魚のすり身や肉のミンチもラクラク作れますし、便利なおろし機能を利用して面倒な大根おろしもスピーディーにできます。不足しがちな野菜や果物も、滑らかにすりつぶし、離乳食やスープが簡単に作れます。おかずだけでなく、暑い季節は冷凍フルーツでシャーベットつくもラクラク。1回使うと手放せなくなるという声も。


フードプロセッサーの機能を利用することで、料理の大幅な時間短縮と作業の簡略化が可能になり、これは子育てや仕事で時間がない女性には大変助かります。下ごしらえが簡単になることで、いろんな料理にも挑戦しようという気になるし、お菓子やパンも自分の手作りをつくってみたくなるのではないでしょうか。手料理を食べることで、より健康な食生活を送ることもできます。フードプロセッサーは生活の基盤である「食」を向上させてくれる道具になりそうです。


安全で美味しい食事のために

手軽に自分流の食事を作れる調理家電の売り上げが上昇しているらしい。

売れ筋は

ジュースや豆乳つくりにむいたジューサーや

パンからうどんまで対応する自動パン焼き機。

不二家、ミートホープ社、中国製の輸入食品などの事件で、

既成の食品に不信感を抱かずにはいられません。

自分で納得した野菜や果物などの原材料を購入し、安全な食事を家族のためにつくりたい。

なにしろコロッケや春巻きの中にまで偽装食品が含まれていたのですから。

こんな気持ちを持っている消費者が増えています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。